賃貸法人契約の基本|【貸事務所を検討している事業者向け】役立つ不動産の知識をご提供

賃貸法人契約の基本

ウーマン

賃貸法人契約とは?

賃貸法人契約と呼ばれるものは、会社とオーナーが契約を結ぶ事によって賃貸物件を借りる事を指しています。賃貸法人契約を行う時は、貸事務所を借りる時または社員のための物件を検討する際に用いられるものとなるでしょう。賃貸法人契約が行われる際には、手続きは会社とオーナーで完結してしまう事も多いと言えます。

連帯保証人は必要?

通常賃貸物件を借りる際には連帯保証人が必須となってくるものです。しかし賃貸法人契約では、必ずしも連帯保証人が必要となってくるわけではありません。借りる物件の内容によって、連帯保証人が必要かどうか変化してくるでしょう。例えば物件の築年数、会社が上場企業であるのか、社員の数などによって連帯保証人が必要かどうか変化してくると言えます。

必要となる書類とは

賃貸法人契約で必要となってくる書類は、会社によっても異なってくると言えるでしょう。例えば会社の規模が大きい場合には、法人税納税の証明書の提出が求められないようなケースもあると言えます。どのような会社であっても必須となる書類としては、会社膳本や印鑑証明書、会社概要書などとなっています。

賃貸法人契約で考慮しておきたいポイント・ベスト5

no.1

会社の内容を説明できるように

賃貸法人契約を行う際に重要となるのが、社会に認められている会社である事を証明できるのかという事となります。例えば事業の内容に不明瞭な点が多い場合には、賃貸法人契約を結ぶ事ができない場合があるものです。そのため事業内容などをしっかりと説明できるようにしてください。

no.2

物件の使用方法をハッキリさせる

物件を借りる際には、近隣の住民との兼ね合いを考える必要があるものです。頻繁にお客さんを招くような場合には、隣近所の住民に不安を与えてしまうような事もあるでしょう。そのため賃貸法人契約を行う際には、物件の使用用途をハッキリさせておくとスムーズです。

no.3

事業名を掲示しても良いのか

例えば事業名を掲げたいといったケースがありますが、物件を借りる際には看板の掲示を許可してくれるのかどうかを確認する必要があるでしょう。看板を掲げる事が問題になるケースもありますから、事前に確認を取っておく事が重要となるのです。

no.4

法人登録の許可を得る

賃貸法人契約を行う際には、物件の住所で法人登録を行いたいと考える方もいらっしゃると思います。その際には不動産会社に連絡を取る必要があるでしょう。無断で登録する事でトラブルを招いてしまう事もありますから、注意が必要なのです。

no.5

ネット上で住所を公開する前に

物件を会社の住所として登録した際には、インターネット上で住所を公開する事もあるでしょう。ネット上に住所を公開する事で、不動産会社から注意を受けるケースもあるものです。ネット上に住所を公開する際には、不動産会社に確認する必要があると言えます。

広告募集中